スタッフ Crew

齋藤俊道(監督・脚本・編集)Toshimichi Saito - Director/Writer/Editor

1985年、大阪府箕面市生まれ。同志社大学経済学部、ニューヨーク大学大学院映画学科卒業。大学院卒業制作の本作『小春日和』('14)でテヘラン国際短編映画祭グランプリ、新人監督映画祭グランプリ、クイーンズ世界映画祭最優秀短編作品賞、札幌国際短編映画祭最優秀国内作品賞など国内外で15の賞を受賞した。また本作はイギリスのレインダンス映画祭やフランスのクレルモンフェラン国際短編映画祭など、世界15カ国の30以上の映画祭でも上映された。スパイク・リー監督の編集助手を務めたのち帰国し、現在は大阪を拠点に『小春日和』を劇場長編用に拡張した『レクイエム』を準備中。

Born in Osaka, Japan in 1985, Toshimichi Saito received a B.A. in Economics from Doshisha University in Kyoto and an M.F.A. in Filmmaking from New York University Tisch School of the Arts. His thesis short film, 'A Warm Spell' ('14), won 15 awards worldwide, including the Grand Prix at Tehran International Short Film Festival, the Grand Prix at New Directors Film Festival in Tokyo, the Best Narrative Short at Queens World Film Festival and the Best National Short Award at Sapporo International Short Film Festival. The film also screened at over 30 film festivals in 15 countries, including Raindance and Clermont-Ferrand. After working for Spike Lee as his assistant editor, he returned to Osaka to work on a feature-length version of 'A Warm Spell,' currently titled 'Requiem.'

齋藤俊道公式ウェブサイトへ  Toshimichi Saito Official Website

 

マイケル・E・ウッド(撮影監督)Michael E. Wood - Director of Photography

1986年、ニューヨーク生まれ。幼少期をブルックリンで過ごす。プリンストン大学で機械工学と航空宇宙工学を専攻し、卒業論文「スチュワートプラットフォームを用いたカメラ・スタビライゼーション」でEnoch J. Durbin賞を受賞。その後ニューヨーク大学大学院映画学科にて脚本・演出・撮影を学び、監督および撮影監督として多くの短編映画を制作、映画祭で受賞している。在学中に制作会社ゲイツ&グリーン社を立ち上げ、ショートビデオコンテンツの制作を手がける一方、米国の反いじめ組織である「バイスタンダー・レボリューション」のクリエイティブ・ディレクターを務める。

Michael E. Wood spent his childhood building robots and playing bike tag in the streets of Brooklyn, New York. He went on to study Mechanical and Aerospace Engineering at Princeton University where his senior thesis, ‘Camera Stabilization with a Stewart Platform’, won the Enoch J. Durbin Prize in engineering innovation. After graduating from college, Mike moved back home to Brooklyn to pursue his passion for filmmaking. He studied writing, directing, and cinematography at New York University's Tisch School of the Arts and made several award winning short films, both as a director and a cinematographer. He now runs a production company called Gates & Greene where he produces short form video content and serves as the Creative Director for Bystander Revolution, a national anti-bullying organization.

マイケル・E・ウッド公式ウェブサイトへ  Michael E. Wood Official Website

 

齋藤佐都子(美術監督)Satoko Saito - Production Designer

1976年、京都市生まれ。同志社大学卒業後、日本女子大学で建築学を専攻。卒業前より美術監督・種田陽平に師事。Q・タランティーノ監督『KILL BILL Vol.1』に美術助手として初参加。その後主に美術監督・佐々木尚に師事し、美術助手として多くの映画・CMの製作に携わる。日本・インドネシア合作映画『KILLERS』(Mo Brothers監督)では美術監督を務め、現在はCM・PVも手がける。公開予定映画は、『極道大戦争』(三池崇史監督)、『ガールズステップ』(川村泰祐監督)など。美術助手としての主な作品に、『妖怪大戦争』、『IMPRINT』、『スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ』、『十三人の刺客』といった三池崇史監督作品のほか、『悪夢探偵2』(塚本晋也監督)、『円卓』(行定勲監督)などがある。

Originally from Kyoto, Satoko Saito studied English Literature at Doshisha University and went on to study Architecture at Japan Women's University. When she was still in the school, she started working for Yohei Taneda, arguably the most established Japanese Production Designer, who brought her into his art department on Quentin Tarantino's "Kill Bill Vol.1". While continuing working as an art assistant mainly for Takashi Sasaki on numerous films and commercials, Satoko now serves as a Production Desginer starting with the Japan-Indonesia co-production "Killers" by Mo Brothers as well as commercials and music videos. Her recent production design efforts, Takashi Miike's "Gokudo Daisenso" and Taisuke Kawamura's "Girl's Step" are set to be released nationwide. Satoko's other credits include "Yokai Daisenso", "IMPRINT", "Sukiyaki Western Django" and "Jusan-nin no Shikaku" by Takashi Miike as well as "Akumu Tantei 2" by Shinya Tsukamoto and "Entaku" by Isao Yukisada.

 

ジェイソン・ステファニアク(プロデューサー)Jason Stefaniak - Producer

1986年生まれ。ニューヨーク大学大学院映画学科卒業。ジェイソン・ステファニアクは、映像によるストーリーテリングが持つ「人々を共感させる力」を用いて社会的、政治的、そして個人的な変革を促すことを目標に、監督・脚本家・プロデューサーとして作品制作を行っている。エミー賞優秀学生作品賞を受賞。現在は自身の長編初監督作品の準備に取り組んでいる。

Jason Stefaniak believes in the ability to foster social, political, and personal change by using visual storytelling’s unique capacity to engender empathy in its viewers. Jason received a Master of Fine Arts in Film and Television Production at New York University, an Emmy Award for Outstanding Student Production, and is developing his first feature as a writer/director.

ジェイソン・ステファニアク公式ウェブサイトへ  Jason Stefaniak Official Website

 

ディラン・グラットホーン(音楽)Dylan Glatthorn - Composer

ニューヨーク大学大学院在学中に映画作曲クラスで齋藤俊道と出会い、以来コラボレーションを続けている。ディランが作曲を担当した数多くの映画は国際的な評価を得ており、その才能はカンヌ映画祭、サウス・バイ・サウスウェスト映画祭、トライベッカ映画祭をはじめ、世界中の映画祭で披露されている。参加作品の受賞歴は、2014年度コニーアイランド映画祭最優秀短編賞、2013年度シンライン映画祭最優秀短編賞、2013年度カンヌ映画祭アメリカ・パビリオン最優秀学生ドキュメンタリー賞ほか多数。今作『小春日和』の音楽で、ディランは2014年度ファーストラン映画祭最優秀作曲賞、クライブ・デイビス優秀映画音楽賞を受賞。

Dylan Glatthorn and Toshimichi Saito met in a film scoring class at NYU and their collaboration has seen success with multiple projects. Dylan has scored numerous films that have been seen around the world in festivals such as the Cannes Film Festival, South By Southwest Film Festival, Tribeca Film Festival and numerous others. The films he's scored have won multiple honors including the Best Short Film at the Coney Island Film Festival 2014, Best Short Film at the Thin Line Film Festival 2013, Best Emerging Student Documentary at Cannes Film Festival American Pavilion 2013, just to name a few. His music for "A Warm Spell" was awarded Best Original Score at First Run Film Festival 2014 as well as the Clive Davis Award for Excellence in Music in Film.

ディラン・グラットホーン公式ウェブサイトへ  Dylan Glatthorn Official Website